新戦略 「ゴッドフリート2」 発売!!!

またまた新戦略が発売になりましたね。その名も「ゴッドフリート2」!

新戦略の特徴は?

ゴッドフリートのバージョンアップとのことですが、説明を読む限りかなり変えたように思います。早めの購入は前バージョンももらえるとのことで、お得感ありますね!

・順張りと逆張りの両方の特性を備える戦略!

今の相場に対して刹那的になりかけつつ、でも次の相場の準備しなきゃという焦燥感に駆られる今日この頃・・・

「順張りと逆張り両方の・・・」 この言葉にはヤラレます。

逆張り特化バージョンも入ってるみたいです。

いつも発売のタイミングの良さに感心します(笑)

・スイングトレードである

デイトレ不可能なおーじにも使えますね。

あ、でもカブドットコムならデイトレ可能なんだっけ?

・相場情報にかなり力を入れて作られている

他力本願、相場を読むなんてことをしないおーじにも安心して使い続けられます。

・前日に発注可能

ゴッドシステムはこれがコンセプトなんですよね!

早起きが苦手なおーじにもバッチリです!

 

参りました。欲しいです!

 

ホントは、
今のおーじのニーズにぴったり合った「風神 + 雷神(改)」のセットの発売を待っていたのですが・・・

 

かなり揺れてます・・・

 

→ ゴッドフリート2 説明ページ

 

◇◆◇◆ 皆様のおかげでブログ続けられています ◆◇◆◇
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ クリックありがとうございます

新戦略 「雷神(改)」 発売!

新しい売買戦略が発売されましたよ~

その名も「雷神(改)」(カッチョイ~!)

売り戦略です。

最近のトピックスに「いまは売っとかなくていいの?」っていう命題がありますが、おーじもとても気にしています。そういった意味で売り戦略は今が旬!です。

雷神(改)の特徴

おーじ視点で恐縮ですが、特徴を捉えてみたいと思います。

命名センスが最高

これを最初に持ってくるのもどうかと思いましたが・・・(笑)

「雷神」いい名前ですね~
ポジション持ったらガツンと下げてくれそうですよね? よね?

何も言わずに付いてこい、的な強さを感じますね~ よね?

前バージョン「雷神」の安心感

「発売されて間もなくドローダウン突入・・・」といった泣くに泣けないケースもあるのですが、前バージョンの「雷神」は2年以上前に発売され、その後の優秀な成績もトレジスタにしっかり公開されています。

ここでトレジスタの「ストラテジー」ページを見てみましょう。
「ストラテジー」、「売り」、「フォワード」を表示させてみてください。そしたら「フォワード:期待値」の場所をクリックして、降順に並べ替えます。
さぁどうなりましたか?

1位が「雷神」で期待値1,519円
2位は 606円 でかなり差がついてます。それ以下は数百円です。(今日時点の結果です)

実運用ではコストがかかりますよね。証券会社や保有日数によって変わってきますが、手数料に信用コストを含めて300~1,000円位でしょうか。

実運用における1トレードあたりのコストを考慮すると、期待値が数百円ではほとんど利益が残りません。そう考えると、売りの売買ルールで実績を上げているのは雷神のみ!ということになります。

「雷神(改)」は「雷神」をさらにバージョンアップさせたということで、売買ルールそのものの信頼感や安心感は極めて大です!

売りのスイング戦略

逆張りに近いのだと思うのですが、はっきりは分かりません。

前日のうちに作業が完結できます。おーじにとって大きなプラスポイントです!

強相場ではシグナルストップ

バージョンアップによって付加された機能です。勝手にシグナル止めてくれるので、どんな相場でも何も考えずにお気楽運用可能ですね。

雷神(改)の欠点は?

欠点になりそうなところは見当たらないなぁ~

雑感

バックテストの通算利益率とか損益だけを見ると平凡に見えるかもしれません。しかし前述した通り、前バージョンから継承された「実績」が雷神(改)の一番の売りでしょう。 

ついでに、これと対になる買い戦略の「風神」も見てみました。

おーじ的にはこれのフォワード結果に目がとまりました。「最大ドローダウン 0.3%」です。 これって凄いことですよ!

 

正直言って・・・
これまで、おーじのアウトオブ眼中でした(ゴメンナサイ)

こんな名作が隠れていたとは!

 

欲しいです!
ポストブレイクアウトの役割としてとても良いじゃないですか!

「風神」+「雷神」セットで欲しいです!

セット割引、出してくんないかな~

 

◇◆◇◆ 皆様のおかげでブログ続けられています ◆◇◆◇
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ クリックありがとうございます

ヒノカグシステム 発売

今しがた気付きました。

今日、さっそくセットが発売されてますね。逆指値戦略の売り買いセットです。

 

ヒノカグシステムL&Sセット

ヒノカグ【上方ブレイク】とヒノカグ・ショート【下方ブレイク】のセットです。

合わせて 99,600 円

これから買う人がうらやましい・・・

 

イザナミ+ヒノカグシステムL&Sセット

まだイザナミを持ってない人はこっちです。

全部で 242,600円

 なんでもそうですが、買うならセットがお得感ありますね。
もう買っちゃってるおーじには関係ないですが(苦笑)

 

たぶん、(たぶんですよ!)
資金200万円あって、きっちり運用して、3月相場がそのまま変わらなければ、1~2カ月で元取れちゃうんじゃないでしょうかね~

おーじなら、上方ブレイク200万+下方ブレイク150万の設定に多少カスタマイズを加えて、資金200万円で運用しますかね。

「たぶん」ですよ! 責任は持てませんよ!(笑)

 

◇◆◇◆ 皆様のおかげでブログ続けられています ◆◇◆◇
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ クリックありがとうございます

新戦略 「ヒノカグ・ショート【下方ブレイク】」 発売!

おーじもお世話になっているトレジスタより、新しい売買戦略が発売されました。

その名も「ヒノカグ・ショート【下方ブレイク】」(通称「下ブレ」:う~ん、いまいちだ(笑))

売り戦略です。

先日「ヒノカグ【上方ブレイク】」が発売されましたが、その「相方」だそうです。

ヒノカグ・ショート【下方ブレイク】の特徴は?

売買ルールはいろいろあるので、見れば見るほどこんがらがってきますよね。特徴を把握することは大事です。(なんて人のことが言えるのかよ!(笑))

・順張り売り戦略
トレジスタで販売されている売り戦略は17個ありますが、その中で唯一の「順張り売り」だそうです。

おーじはまだ持ってないので推測ですが、最近好調な「ブレイクアウト系」の売りバージョンみたいな感じでしょうか。逆指値発注と思われます。

・ドローダウンは驚異的です!
解説ページの下の方を見てください。イザナミの「通年レポート」画面が掲示されてます。ここを見ると最大ドローダウンは2008年に発生した「9万8千円」です。

9万8千円ですよ!(興奮状態) 150万円を運用してて、9万8千円しか下ブレ(笑)しないんですよ!

通算利益率だけを見ると平凡に感じる戦略かもしれません。でも実際に運用してみると、ドローダウンの小ささというのがいかに大事かを実感すると思います。

それに万が一「運用開始=最大DDの始まり」みたいになっちゃったとしても、比較的大らかに運用を続けられそうです。

・デイトレ用とスイング用の2種類のシステムが同梱されている
デイトレ不可能なおーじにも使えますね。

・相場の強弱に応じて2種類のロジックが切り替わる
最近トレシズさんは必ずつけてくる機能ですね。

相場を読むなんてことをしないおーじにも安心して使い続けられます。ほったらかしOKです(笑)。

・「上方ブレイク」ユーザーは1万3千円割引!
これはでかい!商売上手ですなぁ(笑)

冗談はさておいて、上方ブレイクとの並行運用はとても利点が大きいように思います。特にこれから運用を始める人は両方持っていた方がいいと思います。

ヒノカグ・ショート【下方ブレイク】の欠点は?

おーじにとってとても困る欠点が一つありました。それは、

・外部指標を使っている(当日朝に発注作業をする必要がある)

あくまで予想ですが、前夜のNYダウのデータを検証に用いるのでしょうか。
早起きが苦手なおーじにはちょっとした難点です(涙)

雑感

とにかく最大ドローダウンの小ささに安心感ありますね。

「順張り売り」という言葉からは今の相場に合ってないように思っちゃいますが、最大DDが小さいので、買い一辺倒のリスクヘッジとして入れておいても気にならないと思われます。

これからイザナミを始めようと考えてる方には一押しですね!つい利益率の大きさに目が行きがちですが、始めたばかりの頃はむしろ「最大ドローダウン」に配慮すべきだとおーじは思います。

 

余計なことですが・・・

「下方」の読み方、分かります?「かほう」「しもがた」?
おーじは「ヒノカグ」のイメージから、古典読みで「しもがた」と呼んでしまうのですが・・・

ちなみに「上方」は「かみがた」と呼んでます。

ホントは何て読むのかなぁ?

 

欲しいです!
でも・・・
早起きができない・・・

かなり揺れてます。

 

→ ヒノカグ・ショート【下方ブレイク】解説ページ

 

◇◆◇◆ 皆様のおかげでブログ続けられています ◆◇◆◇
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ クリックありがとうございます