証券会社のつかいかた

ばんわんこ

raelさん、もんちゃんさん、montanoさん、コメントありがとうございます。皆さんのお役に立てたようでうれしく思いますよ。

スリッページは困った問題ですね。本人の気付かないうちに見えないコストを取られるようなものですからね。

しかし今回、カブドットコムとマネックスのスリッページの影響が少なくて驚きました。まだ完全ではありませんが、スリッページ問題も解決の目途がついてきましたかね~

 

たった一週間の実験で物を言うのもなんですが・・・
ここで、証券会社の使い分けについて書きます。

あくまで私個人の環境下、個人的事情や主観も入りますので、読むのはかまいませんが参考にしないでください(笑)

証券会社のつかいかた

SBI証券

手数料は格安ではない。だいたい片道200円くらい。

発注速度は遅い。逆指値は不可。

もはや、ここを使う理由は・・・

HYPER SBIくらいかなぁ

GMOクリック証券

信用手数料は片道100円。格安の部類。

先日の実験では、1回の取引ごとにスリッページにより2,700円ずつ損する。そう考えると逆指値戦略は原則的には不可でしょう。

スリッページよりも手数料格安の利点の方が大きくなってきた。

ライブスター証券

手数料はここでの最安値。格安。片道84円。

逆指値戦略は論外。 もはや禁止!

難点はトレードツール。

逆指値でない売買ルールではここが一番いいと思うけど、ツールを考えるとGMOでもいいかな。

カブドットコム証券

手数料は高めだが、以前よりはかなり下がる。片道320円(平均)

スリッページはかなり解決に近づいてきている。

kabuステーションは優れもの。

逆指値戦略はここで運用すれば良い。

マネックス証券

手数料はカブドットコムとほぼ同等。(ただし売買代金50万円以上は不可。)

スリッページはカブドットコムと同等。問題ない。

(多分)取引ツールはHPからログインしないと使えないのが難点。

 

◇◆◇◆ 皆様のおかげでブログ続けられています ◆◇◆◇
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ クリックありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントフィード

トラックバックURL: http://izanami.ohji3.com/consider/izanami2417.html/trackback