第三幕 実験終了でございます

ばんわんこ

いま一つ約定してくれない、ブレイクしてくれない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、4月2日に開始しました「4証券会社の逆指値発注比較試験」つまり「どの証券会社が一番スリッページが少ないか」を調べる実験ですが、なんとなくダラ~、もう結果は分かっちゃってるもん的な雰囲気満載で、かつ最近は仕掛けてもなかなか約定してくれないので、一昨日を持ちまして終了としました。

今日はその結果をご報告します。

試験の概要

こちらで説明していますのでご覧ください。

概要の補足

イザナミ上の検証と実運用上の実感との比較もしたいと思いましたので、対象証券会社に「イザナミ証券」を追加しています。
イザナミ証券は、イザナミ上の最適分散投資の結果を表しています。念のためお伝え・・・
言わなくてもわかるか(笑)

売買ルールのカスタマイズですが、まず取引手数料1,000円を設定しています。あと、手仕舞いの方法を「[翌日逆指(終日)(0.30%)][終値(-1Tick)]」に変更しています。

資金500万ファイルを用いましたが、実際の資金は200万(信用口座)です・・・
(騙してませんよ!そんなに持ってるわけないじゃないですか!(笑))

ですので仕掛け指示が出たものの余力不足のために仕掛けられなかったケースがありました。この際には、シグナルの「優先順」に従い余力が可能な限り仕掛けるようにしました。その結果、約定回数が4回少なくなっています。

その他、裁量はありません(笑)

試験結果(データ)

取引は計13回(13往復)でした。

ブログに表示しきれませんでこちらをご覧ください。
(3つのpdfファイルに分けています)

  取引記録 / スリッページ / 損益

考察

まず興味深いことがありますので先に延べます。
実験開始後ずっと好調だったカブドットコム証券が、4月5日から急に性能を落としています。特に陽光都市開発の買い時に大きく遅れました。カブドットコムでは先週末、今週末と勘定系システムの大規模なシステム増強工事をしているようです。何らかの工事の要因があるかもしれません。(5月には発注系システムの大規模増強があるようです)

もうお分かりかと思いますが、GMOとカブドットコム、SBIとライブスターの2群に分かれました。SBIとライブスターは今回の実験、逆指値発注に関しては論外、お勧めできないと考えます。

スリッページ

データですが、寄付時に逆指値を上回る(下回る)時があるので注意が必要です。逆指値とイザナミ証券の約定値に大きな乖離がある時がその時です。

買いと売りで比較すると、証券会社間で大きな差が出るのは明らかに買いの時が多いようです。

GMOとカブドットコムの直接対決では、カブドットコムの4勝2敗7引き分けで、カブドットコムの勝ちです。

しかしスリッページの平均値ではGMOクリック証券の勝ちです。(前述した陽光都市開発を除くとカブドットコムの勝ちになります)

ということで、
・ややムラがあるものの最も高速なのはカブドットコム証券
・高速かつ安定しているのはGMOクリック証券
と考えます。

損益

手数料も含めた総合評価では、GMOクリック証券が第一位、最もお勧めです!

(ただし、前述した陽光都市開発の取引を除けば、GMOとカブドットコムが互角になります)

 

悲しいのは、GMOクリック証券であっても、イザナミ証券との差が 44,739円も開いてしまうことです。これは1回の取引あたり 3,441円になります。
このことは、期待値3,500円以上の売買ルールでないと、実運用では収益を期待できないことになります。

ちなみに、運用口座をライブスター証券にした場合、1回あたり 17,177円です。どんなに優秀な売買ルールであっても、これでは利益を上げられるわけがありませんね。儲かってるとしたら相場のおかげ、ラッキーってことです。

これ知らないと、逆指値戦略は怖いですよ!

まとめ

・逆指値発注を用いる売買ルールでは、利用する証券会社によって損益が大きく変わる。

・発注システムが最も高速な証券会社はカブドットコム証券。

・手数料等も勘案し、最も有利に運用できるのはGMOクリック証券。

・利用してはいけないのはSBI証券とライブスター証券。

・ただし、どの証券会社もシステム増強等の影響で結果がガラッと変わりうるため、今後も常に配慮していた方が良い。

 

ということで、すでに既知の雰囲気になってますが、皆さんのお役に立てましたかね~

 

勧められた通りに証券会社に口座を作って、そのことが悪かったがために「イザナミ使うのやめた」ってことになっちゃった人がいないことを祈っております。もしいたら戻ってきてね。

っつうか、 これまでライブスターを推奨してアフィリまで貼っていたトレシズさんがあっさり言質を変えちゃった時点で、おーじのやる気がなくなっちゃったんですけどね~

 

最後に・・・
だれかカブドットコムの発注ツールつくって~

 

第三幕おしまい

あ~、儲かる実験でよかった・・・(ホッ)

 

追記
今回の実験は、ブレイクアウトするタイミングに逆指値で発注するという、トレードの中のごく一部の事象だけを取り上げて評価したものです。証券会社等の全体を評価しているわけではありませんのでご了解ください。おーじにとってSBIもライブスターもとても有益な証券会社ですので、これからも使い続けていきますよ~

 

◇◆◇◆ 皆様のおかげでブログ続けられています ◆◇◆◇
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ クリックありがとうございます

コメント

  • おーじさん、はじめまして^^
    スリッページの件すごく参考になりました!

    ところで、スリッページを防ぐのに、
    逆指値(成行)ではなく、逆指値(指値)を使った場合、どうなるのでしょうか?それよりもGMOで逆指値(成行)の方がいいでしょうか?

    例)タカラバイオ(4974)をライブスター証券で逆指値買い(成行)したところ、15%もスリッページが生じて、焦りましたΣ( ̄ロ ̄lll)

    売買代金200億で、出来高もそれなりにあったので、ライブスターで大丈夫かと思っていたのです(>_<)

    2013/05/07 14:12 | tak

    • takさん、コメントありがとうございます!
      記事にありますように、ライブスターでのブレイクアウト系の逆指値発注は不可と考えています。もちろん逸失利益が大きいことを受け入れた上で運用するのであればこの限りではありませんが。
      逆指値指値発注の効果はわかりません。相場環境に大きく左右されそうですので、検証は難しいかもしれません。個人的には、指値発注はあまり良くないのではないかと感じています。
      ちなみにおーじは「+20Tick」で発注しています。これはスリッページ対策というよりも、制限値幅上限で約定した時の悲しさを少しでも減らす意味合いで(笑)、そのようにしています。
      ライブスターの指値とGMOクリックの成行の比較は、異なる2要素が混在した比較ですので、考えるだけ無駄だと思います。
      参考になりました?
      またお越しください。何か情報ありましたら教えてくださいね!

      2013/05/08 16:31 | ohji3

  • お疲れ様です 
    役に立ちました。

    2013/11/16 23:56 | 匿名

  • […] た。モジュレが実に約180円(約10%)…。毎日拝見している「おーじさん」の「4証券会社 同時逆指値発注実験」での検証のとおり、比較的滑りにくいGMOに比べると、ライブスターは体感的 […]

    2013/11/18 16:12 | 11/18の「株システムトレードラボ」トレード結果 - 株システムトレードラボ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントフィード

トラックバックURL: http://izanami.ohji3.com/3rd/izanami1180.html/trackback